大浦天主堂のフリー写真

無料素材
タイトル写真

大浦天主堂 フリー写真 白くそびえ立つ大浦天主堂の写真です。日本に現存する最古の木造ゴシック様式教会。1864年(明治維新の3年前)西坂で処刑された二十六聖人に捧げるため、フランス人宣教師によって建てられました。写真は11月下旬、紅葉の季節に撮影したものです。長崎の街は長崎港を中心にして低い山並みに囲まれています。その斜面に住居があるため、坂道ばかりです。チャリはほとんど使い物にならないとのことです。ここから、グラバー園に続く道があるのですが、バリアフリーとなっており、お年寄りや子供でも楽にあちこちを回れるようになってます。

 

大浦天主堂
大浦天主堂
大浦天主堂
 大浦天主堂

 
グラバー園に続く道
 グラバー園に続く道
グラバー園に続く道
グラバー園に続く道
グラバー園入り口
 グラバー園入り口
写真をクリックすると大きな写真になります

 

 

 

 この写真を撮ったのは管理人ではなく、長崎に住む女性なのですが、女性的なアングルというか斬新な切り口を写真に見ることができます。 この大浦天主堂という建物の輪郭をしっかり撮ることがかんこ写真の基本でもあると思いますが、そんなことは全く無視してますね。 まぁ、それがかえって面白い写真になっているように思いますが・・・

 

 

フリー写真素材