Webヌードのフリー写真

無料素材

Webヌード フリー写真   左にあるヌードクロッキーはデッサン会場で実際に紙の上で描いたものです。Web上で見られるヌード画として紹介してます。 実際に会場に来られない方でも写真を見ながら描いてみることは出来ると思います。 写真とはいっても、出来れば自分で撮影した写真を基にして描かれるとよいでしょう。(撮った際の)頭に残ったイメージを再現するようなかたちで描くことがオススメです。 ヌードとはいっても、セミヌード・フルヌード(オールヌード)色々ありますし、また、モデルの方のポーズによっても様々です。

Webデザインのフリー画像

 

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

 

Webヌードのフリー画像

 

 

Webヌードのフリー画像

Webヌードのフリー画像

Webヌードの写真

     <女性ヌード>


 たくさんのヌードクロッキー・デッサンを展示してます。


Webヌードのフリー画像

Webヌードのフリー画像

Web上で展示するヌード画です。 ヌードデッサンと写真の合成です。

Webヌードのフリー画像

 

 

ヌードでなく着物姿の女性のフリー写真です。 ライティングのことなどはあまり考えず、勢いに任せた撮影になってます。

女性の画像

フリー写真素材

・・・webヌードのフリー写真・・・

 裸婦絵画と写真の重ね画像として、webヌードのフリー写真を公開してます。絵画の基となっているヌード画は、リアルに美術モデルを前にして描いたクロッキーやデッサン・鉛筆画です。写真を見ながら描いたのでは、臨場感が伝わらないだけでなく描く側の緊張感が薄れることもあり、勢いのあるアート的な絵になりません。リアルな裸婦をモデルにすれば、長くとも20分くらいの制限時間がありますから、描き手はそれなりの集中力を必要としますし、出来上がった絵はモデルにも見えることになりますから、プレッシャーもあります。 それらの緊張感やプレッシャーの中でアート感覚溢れる絵画が生まれてくるものと思います。 webヌードの自由に使えるフリー写真として、裸婦をモデルにした画像を使ってます。 ちなみに、原画となっている鉛筆画は、65x70センチくらいのサイズとなってますから、それなりに大きいサイズの絵です。

写真を撮りながら、デッサンやクロッキーを描く事を勧めてます。 それも、自分がとった写真じゃないと意味がありません。 その撮った瞬間を覚えて、そのオーラを絵にしてこそ、webヌードの意味があります。