ヌード絵画のフリー写真

無料素材

ヌード絵画 フリー写真  →ヌード絵画を紹介すると同時に、ヌードモデルをする方のモデルになった動機や人前でヌードになる心境などを  女性ヌード絵画「モデル日記」 として紹介してます。デッサン会やクロッキー会・ヌード絵画を描けるようなスペースは地方ではなかなか見つけることが出来ないとは思いますが、都心部ではクロッキー会・デッサン会などは小規模なところを含めてあちこちで開催されてます。ネットで、<地域・デッサン・ヌードクロッキー・ヌード絵画>を検索してみてください。スケッチブックと鉛筆または木炭などを持参すれば1000円から1500円くらいの会費を納めればよいだけです。 ヌード絵画会に参加してみてはいかがですか。女性ヌードを見学に来ているような男性も見かけますが、できれば絵画(アート)感覚で参加したいものです。 下には女性と自然のコラージュ画像を載せてます。 どちらも、管理人の描いた絵と撮った写真を使用してます。 このような二枚重ねの画像は、コラージュすれば出来ることですが、無限に近い数の画像から選ぶわけですから、何よりもアートセンスが問われます。 それと、慣れがありますが。 興味のある方は試してみてください・・・Picasa3をダウンロード(無料)をすれば、簡単にとは言えませんが、誰にでもトライすることが出来ます。 
美術モデルもしくはヌードでなくてもポートレイト撮影をご希望の方、こちらへ連絡ください・・・ モデル希望者

 

背中が美しいヌード絵画のフリー画像

自然光の下でヌード絵画のフリー画像

単焦点レンズ・フォト・自転車

 今後、ヌード絵画を撮ることになれば、カメラのキッドになっているズームレンズではなく、単焦点レンズで撮っていこうと考えてます。 これは、ヌード絵画だけでなく、風景写真やポートレイトにおいても同様です。 これから更新していく画像の多くは単焦点レンズでとった写真を載せていきます。

 

古代ギリシャなどで残るヌード絵画(像)の多くは男性で、女性像・女性が描かれた絵画はその後の印象は絵画などに比べればかなり少なくあります。 民主政治が行われたとはいえ、まだまだ男尊女卑のまかり通る時代であったことから、愛でさえ、経験豊かな弾性が若い少年や若者などへの愛こそが最も崇高な愛と考えられてました。 ここに載せてるヌード絵画は原画は絵画ですが、コラージュ画像として加工されたものを多くしようしてます。

コラージュ・ヌード絵画のフリー画像

 

下半身のヌード絵画のフリー画像

 

花も模様とのコラージュ・女性ヌード絵画の写真

日本画のようなヌード絵画のフリー画像



 

開脚のポーズ・ヌード絵画のフリー画像

日本の着物の柄と女性ヌード画像を重ねて、コラージュしてます。

 

 

この画像は、12月末の紅葉の写真とモノクロのヌードクロッキー絵画を透かし絵のように重ねたものです。 不思議なことですが、自然に目が行けば自然が見え、ヌードに目が行けばそこには女性が見えてきます。 どちらが先に見えるか・・・その人の趣味思考や深層心理などをうかがい知ることが出来るようです。 
作者(管理人)としては、主体はあくまでも女性ヌードであり、自然は背景として捉えてます。

 

鉛筆画・ヌード絵画のフリー画像

 

流線型のヌード絵画のフリー画像

堂々としたヌード絵画のフリー画像

 ここで載せているヌード絵画は基本、鉛筆画ですが、モデルを前にして、30分から〜時間をかければ4時間くらいかけて描いた作品も多くあります。 実物を前にして描いていることもありかなり写実的な絵画となってますね。 50x70センチくらいありますから、鉛筆画としてはサイズの大きいモノになります。

上半身のヌード絵画のフリー画像

 

フリー写真素材

・・・ヌード絵画のフリー写真・・・

女性ヌード写真ではなく、ヌード絵画のフリー素材です。 ヌードは写真であれば様々な問題を起こしますが、絵画であればどのようなアングルであろうと何が見えていようと問題にはなりません。 その意味では、安心して画像を使えると思います。 写真であればリアルで絵であればそうではないという考え方がありますが、制作者としては写真よりも絵の方によりリアリティーがあると考えてます。 写真であれば、物理的に正確なデータを瞬時に記録するわけですが、絵であれば視覚的に捕らえた画像を紙面に再現するわけですです。 最終的には、画像のリアリティーを決めるのは人の目なのですから、視覚的に把握した絵画のほうによりリアリティーがあると考える方が理にかなっているとは思いますが・・・いかがなものでしょうか。

ヌードアートとはいっても、彫刻、絵画、イラスト、写真などがありますが、ヌードのモデルを前にして制作することであれば、いろいろな意味での足腰の強さみたいなものが必要です。 足腰と入っても、肉体的なそれではなくて精神的な動じないような踏み込みのような強さです。 彫刻や絵を制作するのなら、全身を均一に見る精神力、写真であれば(ヌードを前にして)場の雰囲気に流されないようにすることですかね・・変に夢中にならないことです。

写真もデジタルになって、誰にでも簡単に撮れるようになったし、現像する手間もお金もかからないことから、一回の撮影で300〜500ショットなんてことも珍しくないようになってきました。 モデルをされる方にとっては、ヌード絵画制作であれば現場のことだけに気をつければよいでしょうが、写真になるとデータがそのままカメラマンに残ってしまうことから、不心得な制作者であれば、特にヌード写真であれば、写真の管理面に信頼性を欠くことになりますから、モデルはカメランには気を付けなければなりません。 アートアートだと称して、如何わしい輩も結構多くいますからね。