裸婦のフリー写真

無料素材

裸婦 フリー写真  これは写真ではなく、クロッキー裸婦画像です。写真よりもリアルな感じが伝われば幸いです。プライベートで裸婦を描くことはなかなか緊張感のあることです。花瓶ではなく生身の女性なので制限時間があること、相手(モデル)は裸という無防備な状況にあるので "こちら側が”信頼できる人”でなければなりません。 デッサン会やクロッキー会などに参加すれば裸婦を描くことができます。会場でもマナーを心得れば、絵画に興味のない方でも初心者でも簡単に参加できる仕組みとなってます。 裸婦のフリー写真を描くチャンスでもあるわけですね。 ここの管理人でもあり、絵かきでもあり、カメラマンもする制作者にとっては、クロッキーやデッサンをするにあたり、カメラを使って写真に収めておいてから絵にすることも多くなりました。 以前は、カメラを使ってヌードを撮ることに抵抗の会った女性が多かったのですが、信頼できるカメラマンであれば、その画像の保持は安心できることもあり、自分のヌードを写真にすることへの抵抗が薄れてきたのかもしれません。

 

反り返るポーズ・素肌美人

単焦点レンズ・フォト・車の写真

 このようにして、ヌード画像・裸婦のフリー画像をトルにしても、ズームレンズよりは単焦点レンズで撮る方がずっとよく撮れるのでしょうね。 カメラを買った最初には、ズームレンズがキッドになって付いているので、どうしてもズームレンズで撮る癖がついてしまって、自分が動いて撮るという習慣が付きませんね。 これからは、単焦点レンズを使って、風景写真や人物画像、裸婦画像、ポートレイトを撮っていこうと考えてます。 ここで載せてる写真お全ては、ズームレンズで撮った写真ばかりですから・・・

裸婦の鉛筆画と自然のコラージュ画像を載せてます。 こちらのサイトはフリーではありませんから、ご覧になりたい方はどうど・・・自然と裸婦をコラージュした画像 を載せてます。 自然食品について、人と自然の共存、自然な心の在り方をテーマにしてます。

     女性ヌードは不健全?

 

     モデルと制作者のコミュニケーション

クロッキー絵画・裸婦
クロッキー絵画・裸婦
横たわる裸婦の画像
横たわる裸婦を真上から描いた画像
床に座り寛ぐ裸婦
木炭画・裸婦
写真をクリックすると大きな写真になります

<女性ヌードクロッキー画像>

↑ こちらの方にもクロッキー画像をたくさん載せてますが、フリー写真ではありませんので・・・
また、写真の利用には色々な制限がつきます。 写真であれば、リアリティーがあると考えるからです。 絵画であればたとえヌードであっても(展示に際しては)なんら制限はありません・・・そう考えれば、写真より絵の方がずっと扱いやすいともいえます。

 ヌード画に限らず、風景画でもそうですが、対象を均一に見る目が必要となります。女性の部分に目を奪われたりすれば当然のことですが、絵にはなりません。 普段の自分からアート感覚な自分に変身できるかどうか・・・が問題(カギ)です。 クロッキー会などの参加すれば、女性ヌードを描くことができます。スケッチブックと鉛筆・ペンなどがあれば参加できます。 参加費は会にもよりますが、1000〜1500円暗いが相場です。 絵を描きに行くのであって、裸婦を観に行くわけではありませんので・・・

 

ポーズする裸婦のフリー画像

室内の画像(カフェの写真)と女性ヌードをコラージュしてみました。 最近では、ソフト編集加工が簡単にそれも無料でできるようになってきましたね。 その無料ソフトを使わない手はありません。 風景や街の写真、カフェの室内写真などを互生してやることによって、予期せぬ画像が生まれてきます。 慣れてくれば、感覚的に出来上がってくる画像・作品の見当がつくようになりますから、先ずは、色りおを試してみることが大切ですね

 

ここで載せてい裸婦絵画は、裸婦のフリー画像として展示してます。 風景写真であれば、すべてフリー画像として載せてますが、裸婦画像であれば、ヌードでモデルになってくださった方々がいるわけで、たとえ絵であってもフリー画像にはし難いものです。 それで、原画となっているクロッキーはフリーにしてませんが、コラージュ画像は「裸婦のフリー写真」として載せてます。

 

寛いだヌードのフリー画像

 

 

椅子に座る女性ヌード・裸婦の鉛筆画とパステルで色付けた絵画です。 したがって、鉛筆画は残ってません。 原画の鉛筆画は制作過程であり、パステル画が仕上がりです。

固めてポーズする裸婦のフリー画像

 

美しい裸婦のフリー画像

 

ヌードでは一層美しい画像

かなり近い位置で描いた裸婦の鉛筆画です。 臨場感が伝われば幸いです。 プライベートな制作ですから、モデルとカメラマンの信頼関係が現場の雰囲気を支えてます。

 

 

フリー写真素材

・・・ヌードフリー写真・・・

ここで載せてるヌードクロッキー写真はすべて管理人の制作した作品です。 原画の裸婦画像ではなく、風景や街の写真などとのコラージュ・合成画像として制作したものを載せてます。 写真などを基にした画像ではなく、裸婦モデルを前にして描いた作品ばかりです。 それも、狭いアトリエで描いていることもあり、1〜2メートルくらいの距離で描いてますから、臨場感のある(モデルの温もりや香りまで)感じられるような絵画になっていると自負してます。 視覚的に捕らえたクロッキーというより、触覚で目で触るような感覚で描いたクロッキーです。

・・・裸婦のフリー写真・・・

制作過程の楽しさを味わってください・・・載せてる絵の多くは、女性モデルと一対一で向き合って描いたデッサンやクロッキーばかりです。 実際に女性モデルと空間を共有することの緊張感と制作者とモデルの共同作品としての出来栄えなどです。 また、様々な写真と組み合わせることによっての意外性や現実感を楽しむことも出来ます。 普段であれば、見えてはいけないところも見えているわけですから、日常と非日常の境目を行き来するようなスリリングさもあります。 また、厭らしさとアート感覚の違いなども考える機会となるでしょうね。 厭らしくなければヌードの価値はありませんが、厭らしいだけではアホな画像!になってしまいます・・・アート感覚で観れるかどうか? この辺のところが難しいのです。

補足ですが、趣味で(ヌードであれコスチュームであれ)女性の肖像を撮りたいと考えるなら、女性モデルとの信頼関係を築くことから始めてください。 信用できる相手でないと安心して撮影に臨めません。 それには、ブログであれHPであれ、ネット上に自分の撮った写真を載せておく必要があります・・それなりの実績がないことには説得力がありませんから。 作品の次に大切なのは、人格の問題です・・・危ない人との撮影では困りますし、ハンドルネームしか分からないような相手では何か問題が発生した場合、責任の所在がはっきりしません。 人物写真は、プライベートな問題が含まれます・・・その人物を特定できるという意味での。 したがって、製作者とモデルとの信頼関係が最も大切になります。

言葉遣いの問題で・・・裸婦という言い方とヌードという言い方をしたとき、年代によって、個人によって捉え方が違うように思うことがあります。 私個人としては、ヌードであればそのまま裸なのだな・・と思うだけでそれ以上は何も考えないのですが、裸婦という言い方をすると何やら古風な感じがしてちょっと厭らしい感じが無いでもありません。 このととを友人に確認したら、裸婦という言い方の方が芸術的なニュアンスを感じさせるので、変な印象がない・・なんてことを言ってましたが・・