秋・風景のフリー写真

無料素材

秋・風景 フリー写真 秋の自由に使える秋・風景のフリー写真を載せてます。 街や風景写真などは、フリーソフト・ピカサ2の 「I'm feeling lucky」 を押せば、ほぼ完璧に仕上がります。何枚でも一括編集することが出来るのでとても便利です。また、ウェブアルバムを用いれば、友人同士で写真を共有することも出来ます。下の画像は、10月26日・曇りの日に生田緑地にて撮ったものです。モミジが紅く染まるのは11月末になります。写真が失敗することの最も多くの原因が手ブレによるものです。 逆に、手ブレさえしなければそこそこの写真は撮れることにもなります。 そのためには、手ブレ防止の着いているカメラを使うこと、携帯できる三脚を使うことです。また、港などで夕焼けを撮りたいのなら、三脚を持ち合わせないのなら、カメラを地面や堤防の上において、タイマー設定で撮ればピントブレは起こしません。秋の風景写真でも、夕方や夜景を撮るのなら、それなりの工夫をすることです。裸婦のフリー写真・・・裸婦を室内で撮る場合も、三脚を使うことは当然ですが、持ち合わせないときは、セルフタイマー設定を使えば良いかもしれません。



生田緑地・紅葉

 生田緑地・紅葉

秋の生田緑地

秋の生田緑地

10月末の生田緑地

10月末の生田緑地

10月末の生田緑地

10月末の生田緑地

現代絵画風・紅葉

現代絵画風・紅葉 

オレンジ色に染まる木

オレンジ色に染まる木

写真をクリックすると大きな写真になります

夏の風景であれば、海やヨットなどの画像がないと夏らしい写真にはなりません。 また、冬の景色であれば、雪や山がないとそれらしい写真にはならないようです。 春ならば桜、秋の風景ならば、紅葉でれば十分説得力ある秋の風景写真になります。 ということは・・・夏や冬は出かけていかないことには写真を撮れませんが、春や秋は近場でも画像が手に入るということになります。 とはいえ、紅葉の名所といわれる地域や京都での撮影であれば、どこを撮ってもそれらしい写真になることも事実です。 秋の風景や紅葉の写真であれば、近場でも撮れますから、カメラ片手に近くの公園にでも出かけられたらいかがでしょう。

秋の公園の写真

コラージュで作成した秋の公園

ベージュ色で枠を取った秋紅葉写真

紅葉のイメージ写真

晩秋・コラージュ写真

コラージュで枠を作った画像

赤と青と黄色の秋イメージ写真

大型ディスプレイで観るような

赤と緑の対比・秋紅葉のコラージュ写真

竹林とモミジ

京都の秋フリー写真

黄色とオレンジ色の紅葉写真

写真をクリックすると大きな写真になります

 

秋の風景は毎年必ず同じ場所を撮ることも多く、木々の生長などを楽しみにしながら年に一度の「秋の風景」を撮ることとなります。 その写真撮影の多くは、深大寺公園・豪徳寺・生田公園・砧公園・馬事公苑などですが、下北沢や自由が丘などの街の風景を秋の風情を盛り込みながら撮っていくことにもなります。 横浜レンガ倉庫や湘南海岸・鎌倉や厨子・葉山なども四季を通じて撮影できるとよいですね。

京都五重塔が見える紅葉写真

コラージュで作成した京都五重塔

ショップやカフェから臨む秋紅葉写真

たくさんの画像をコラージュ

枠を付けてみました・コラージュ写真

コラージュで枠を作った画像

枠が紫の写真

大型ディスプレイで観るような

京都・茅葺き屋根の緑が美しい秋紅葉のコラージュ写真

 縦枠をだけをつけたみました

京都の秋をコラージュで飾るフリー写真

無料ソフトでも簡単に作れるます

写真をクリックすると大きな写真になります

フリーソフト編集加工でも様々な楽しいことができようになってきました。 上の(秋景色をコラージュした)画像は試しに作成したものです。 全てにグリッド(額・枠)を付けてますからそのまま利用されたらいかがでしょう。 一枚の画象にでもグリッドをつけて展示することも写真を美しく見せるコツかもしれません。 秋の景色をコラージュした画像を並べてます。 楽しみ方を解説してます・・・・

 

 

ピカサ・初心者向け使い方&ガイド> で詳しく説明してます。 秋の風景を白黒写真で撮る人はほとんどいないように思います。 なぜなら、造形としての美しさではなく、紅葉の色合いの妙を撮ろうとすることが多くあるからです。 逆に、街の写真などは、余計な色や造形が入り込んでしまうことも多く、モノクロで撮った方が現実的に撮りやすいことも多くあります。 人物は、モノクロで撮る方が人体の造形のみを狙うのなら好都合ですが、単に可愛い写真を撮るのならばカラーなのでしょうか。 秋の風景ならば自然の美しさを、人体ならばその造形を狙いたいですね。

フリー写真素材

秋風景の自由に使えるフリー写真を載せてます・・・毎年秋になると紅葉や黄葉の写真撮影が楽しみになります。 まず最初は、どことどこに行こうか・・ということ。 また、一人で行こうかにたり三人でピクニック気分で出かけようかとか。 今年は、若い人たちを同行して撮影の仕方などを手解きしながらとってあること考えてます・・・手ほどきできるほとの技術の経験もありませんが。 東京在住ですから、海に行くにも山に行くにもそれなりの距離と時間を要します。 距離はそれほどでもないのですが、交通渋滞による時間の問題があります。 時期としては、11月下旬から月初旬にかけて好みの写真が多く撮れそうです。 生田緑地、深大寺、井の頭公園などは主な候補ですが、若い人たちを伴って写真を撮ることになれば、彼らを被写体とすることも可能ですが、フリー写真として載せられるかどうかは肖像権という別の問題が発生します。 別に悪用されるようなことがなければ、誰の顔かを区別できようが分かろうが問題はないと思いますが・・・

最近では、ポートレイトをとることが多くなり、街や自然を撮ることが少なくなってきました。 ポートレイトは人物写真ですから、肖像権のもんだもあり、フリー写真にはできませんので、ちょっと不自由を感じることもあります。 フリー写真素材として使える写真を撮ることも続けていきたいと考えてます。

Copyright higasi.com All Rights Reserved

email higasi@higasi.com